10年ぶりの無添加住宅漆喰の老人ホーム

12年前に施工した老人ホームを10年ぶりくらいに視察してきました。

大阪市大正区にある「メディケアー愛信」さんです。

老人ホームと言っても最近はたくさん種類がありますが、こちらは「介護付き有料老人ホーム」です。

皆さんご存知とは思いますが、老人ホームと言っても最近はたくさん種類があります。

介護老人保健施設、サービス付き高齢者専用住宅、グループホーム、特別養護老人ホームなどなど

 

今回は内外の壁を無添加住宅オリジナル漆喰、廊下はタイル、お部屋の中は無垢のフローリングを施工した老人ホームでした。

スイッチの経年変化の様子

オリジナル漆喰の壁は施工した当初のままですが、プラスチック製のスイッチ関連は退色して色が変わってきていますね。

漆喰は石灰岩なので、紫外線などの劣化がおきず、そのままの白さを維持していますね。

無添加住宅の漆喰塗りの法人ホーム

ちょっとわかりにくいですが、「汚物処理室」です。

嫌な臭い無しです。

スタッフの方が綺麗にお掃除されているから ということもあるとは思うのですが、オリジナル漆喰が臭いを寄せ付けていない、また臭いなどを分解しているからということもあると思います。

入居率が高い老人ホームですが、たまたま1室空いていたので、のぞかせていただきました。ラッキーです。床も壁も一度も張り替え無しです。12年経っていて、入れ替わりがある部屋とは思えません。

12年経った木の看板

外の壁に貼ってあった木の看板です。これは12年の変化を感じますね。これも室内であったらここまでの変化はなかったでしょう。

老人ホームや賃貸なども無添加住宅オリジナル漆喰を施工したらメンテが楽だったり臭いがつかなかったりしてお勧めしたいところです。

 

 

Please follow and like us:
error