無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その8

8.かっこよく仕上がる

無添加住宅オリジナル漆喰は、通常の漆喰と違って、

塗り厚が厚いため表面に独特の表情が出ます。

ここでは「表情」と書きましたが、

「テクスチャー」とか「パターン」とかと言われることもあります。

各代理店担当者により言い方は変わるでしょう。

個人的にはもっとも雰囲気が出るのは、「自然光があたり「陰影」が強調された時」だと思っています。

「陰影」と書きましたが気持ち的には「陰翳」としておきたい。(谷崎潤一郎著『陰翳礼讃』にあやかる)

↑ トイレの写真ですが、トップライトからの自然光がラフ塗した無添加住宅オリジナル漆喰の表情に

味のある「陰翳」をつけて重厚な雰囲気を醸しだしていまます。

↑ ニッチの下からライトアップ。まだ何も飾ってはいないが、これだけでもありかなと。

↓ もちろん自然光で無く、LEDや電球でも工夫次第でいくらでも表情がつくれるのが特徴。

 

↓ 逆ニッチと言えばよいでしょうか? 階段の入隅も有効活用。

 

↓ ガラスブロックから通った朝日が無添加住宅オリジナル漆喰に映えます。

 

↓ 元のリンク

無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較

 

Please follow and like us:
error

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です