カナツ技建 モデルハウスでのトレーニング

住宅会社、工務店が所有するモデルハウスは、道具としての箱です。

道具を使いこなすのには勉強や練習が必要です。

特に『無添加住宅』の場合は。

 

そのモデルハウスを設計したり、施工したり実際に当初からかかわったスタッフは、モデルハウスへの思い入れ、何をこのモデルハウスでお客様に伝えたいのか を理解しているので、モデルハウス完成後も当然使いこなせます。

 

しかし、新しいスタッフや途中からのスタッフはどうでしょうか?

さすがに勉強が必要です。

また、無添加住宅の独自の考え・知識を本部から直接→工務店スタッフ→新人スタッフ へと情報・知識の伝言ゲームがスムーズにいくかというとやはりうまく行きません。

 

無添加住宅の独自の考え・知識を本部から直接→工務店スタッフ

無添加住宅の独自の考え・知識を本部から直接→新人スタッフ が確実です。

過去の経験則からいって間違いないと思います。

 

先日オープンした島根県松江市のモデルハウスにて、トレーニングをしてました。

ご来場される方に、誰が接客しても、説明する内容や項目が

必要十分であるようにです。一度モデルハウスにご来場ください。

カナツ技建

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です