鋳物ホーローの傷のこすり方 

アメリカのコーラー社のキッチンシンクを自宅で使っています。

 

鋳物ホーローというものです。ステンレスではありません。

 

 

 

フランパンを当ててしまうと小さな傷がつくことがあります。

 

底の部分はキッチンマットを敷いているので、キレイなものです。

 

がふちあたりにちょいちょい 下記の写真のような傷がついてます。

 

 

 

5年目のキッチンで、はじめてのこすり作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用意するものは 金属磨きのピカールと激落ち君(メラミンフォーム)のみ、いやあとは必要なのはパワー(人力)かな。

 

 

↓ これくらいつけてまずはこする

 

 

↓ 写真のような軽くこする感じで落とせるレベルではありません。もっと力を籠めないといけません。

 

 

 

 

↓ メラミンフォームをつぶして、ギュリギュリこすります。キュイキュイと音が出ますが続けます。

 

 

 

 

↓ 場合によって、手のひらで全体重をかけてこすります。横にこすったり。ぐりぐりしたりです。あらゆる方向からがベターです。

 

 

 

 

↓ 今回は箇所数が多かったので。一つ目のメラミンフォームの塊は右のようになりました。

 

新しいものにチェンジです。

 

 

 

 

↓ まっさらとは言えませんが、かなりのレベルまでキレイになりました。

 

 

 

 

↓ きずはほぼ見えない状態までになっています。

 

 

 

 

今回は時間がかかってしまったように思います。6~8分はコシコシしておりました。

 

傷が小さければ一瞬で落ちるものも結構あります。

 

 

 

これであなたも鋳物ホーローのキッチンや浴槽でもばっちりですね

 

資料請求はお気軽にこちらへ

 

 

 

岡山でもメンテナンス講習会 2011年09月20日 | ☆イベントレポート

 

モデルハウスの床のゴシゴシ

 

 

↓過去の記事

無垢材のメンテナンス方法

 

重曹、灰 で真鍮を磨く  というのもみてね

 

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です