無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その6

6.他の漆喰より安く施工出来る

 

昔ながらの漆喰塗りは、竹を編んで土壁をつくってから乾かし、さらに下地をつくって、最後に仕上げに

 

漆喰を薄く塗る、という非常に工程の長い(多い)塗り物です。

工程が長いと手間がかかっています。その手間代はお施主様が払うことになります。高くなってしまうのです。

 

 

 

無添加住宅オリジナル漆喰の場合、室内の下地は石膏ボードを使います。

 

(化学物質過敏症の方の場合は、竹アジロを下地にしますが、ここでは石膏ボードでの話をします)

 

その石膏ボードの上に、直接 無添加住宅オリジナル漆喰を塗るのです。

 

健康的な空間を世の中に供給したいですが、高くては普及しません。

 

昔ながらの工法もよいのですが高くなるのです。

 

一般の方に普及する価格まで落とせたことが非常に意義深いと思っています。

 

石膏ボードはいまどきの製品ですが、この現代のものと昔からのものとミックスすることによって

 

普及可能な価格での無添加な空間を提供可能となったのです。

 

 

 

無添加住宅オリジナル漆喰の真似をしたような漆喰が出てきては消えたりしていました。

 

以前は価格や成分などが気になりましたが、どれも値段でも負けないし、

 

成分も怪しいものも多かったので最近は特に気にならなくなりました。

 

 

 

 

 

無添加住宅オリジナル漆喰は独特の硬さで分厚く塗るため、クラックが入りにくく

 

下地処理に特段なことをしなくても塗れるのです。

 

工程が少なくすむ。ということは手間が少なく、その恩恵はお施主様が得る。安くなる、ということです。

 

 

 

また、アールのついたカーブ面やまるい形も無添加住宅オリジナル漆喰であれば、ほかの素材比べ安く仕上げることが出来るのです、

 

むしろ本領発揮はこの「曲線」「曲面」での表現と言えるでしょう。

 

 

「曲線」「曲面」の仕上げは、お施主様の好みもあるので、お好きな方には絶大な指示をいただくことがあります。

 

もちろん、直線的な仕上がりも当然可能ですので、そちらをお好みになる方も居られます。

 

いづれも好みです。どちらが正解という答えはありません。

 

 

 

↓ 元のリンク

 

無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です