熊本でも総合展示場に無添加住宅のモデルハウスがオープン

とうとう九州に初の総合展示場へ無添加住宅のモデルハウスが出来ました。

熊本の総合住宅展示場 光の森とーくらんど http://www.hikarinomori.com/access.html

JR光の森駅から徒歩3分。駅から無添加住宅のモデルハウスが見えています!ゆめタウン光の森の目の前!遊びも買い物もなんでもありの好立地

ぜひ一度、体感しにご来場してほしい。いろいろなアイデアやデザインが仕込まれています。

詳細はご来場いただいてのお楽しみに~

 

 

資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

Please follow and like us:

正倉院正倉整備工事第3回現場公開の見学

樹林ホーム(千葉)さんに誘われて、奈良の「正倉院」へ見学へ行って来ました。

「正倉院正倉整備工事第3回現場公開の見学」というイベントを宮内庁が主催していたのです。

http://www.kirinhome.co.jp/  正倉院http://shosoin.kunaicho.go.jp/shosoinPublic/top.do

↑ 宮内庁の方にとってもらう。こんなことさせてよいのだろうか。

 

↓  屋根の部分にあがりました。瓦を剥がしたあとの様子。秋田社長の説明に聞き入る山根さんたち。

↓ 大正自体の改修工事の際に使われた銅板の水切り。ちゃんと残っています。

 

↑ ↓ 奈良時代の瓦から歴代の瓦と、いろいろ混ざって施工されるようです。屋根材が1000年超で混じって

施工されているってはかり知れないです。今回も新しく追加される屋根もあるようで、それが次の100年後に

何枚使えるようになっているのか興味深いところです。古くてもチェックして使えるものは使う、

新しくてもダメなはものはチェックしてはじく。すべての瓦をチェックするのは大変だ。

だが、それで8世紀の時代の瓦が現役で利用されていることがすごい。

 

もちろんこの時代のもので石油から作ったような材料はどこにもありません。

シンプルだが、本当に長期利用に耐えれる。耐えてる。

 

↓ ついでにそばの東大寺に。 人と比べると大仏さんはデカイ。

 

↓ ネットでも別の意味で評判の蝶。大仏さんのそばにいます。

空想の蝶であるのは間違いないのですが、なぜこのデザインがここに?というのが誰もわからない。

なぜ八本足?なぜ触覚ない?羽のさきっちょがなぜ2つに?なぞだらけ

 

 

資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

Please follow and like us:

岡山で新築分譲マンションで

↓ 足場が一部はずれた工事中の新築マンション。

その一室に無添加住宅オリジナル漆喰とイン松と、イン松での造作収納が施工される物件があります。

通常はマンション全戸同じ仕様ですが、この分譲マンションは各戸個別で打ち合わせをするといった

大胆な取り組みをされているところでした。施工業者が無添加住宅の代理店であったこともあり、

無添加住宅への仕様変更が実現したわけです。

↓漆喰の袋と高層階からの眺め。見慣れないショットです。

↓ 岡山は平野が広がっているせいか、高いマンションは少ないようです。

いつもの戸建からの景色とはまた違ったものを感じます。

 

資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

Please follow and like us:

すごい戸建て賃貸が建築中

 

外壁にサビ御影石をズバッと貼ったおうち。

このおうち、実は賃貸用です。御施主様はすでに無添加住宅のお住まいです。

さらに賃貸用に無添加住宅をもう一棟と。石屋根のクールーフも使ってます。

すごい、すごすぎます。 

詳しくは香椎建設さんまで

Please follow and like us: