「無添加住宅原点視察旅行」バルセロナ編

無添加住宅原点視察旅行、最終地。

正直ここは無添加住宅の「視察」旅行の意味からするとオマケの場所。

バルセロナから国際線で帰るのが近いからというくらい。

 

 それでもさすが世界遺産。サグラダ・ファミリア圧巻です。圧巻という言葉がぴったり。

ほかにカサ・ミラ、バトリョ邸など徒歩圏にある。

 

サグラダ・ファミリア

サグラダ・ファミリア公式のきれいな写真

 ↓2026年に完成予定って間に合うのかな。建築技術が高まってどんどん早くなっているらしいです。

 ↓ ガイドさんの説明を聞いています。東のファザードを見てます。

ガイドさんがマイクにしゃべり、無線のイヤホンで皆に届く、便利なしくみです。

 ↓ このあたりの彫刻は、ガイドさんの解説がないとさっぱりわからないと思います。

敬虔なカトリックのガウディが作った渾身の作品です。

写真中央に見える赤ん坊がキリスト。キリストを囲むようにマリア様とお父さん。

さらにロバと牛。飼い葉桶にちゃんと入ってます。

写真右側に誕生を示唆した羊飼いたち。

写真左側に東方の賢者たち。上段の人たちは天使たち。ガウディの考えで羽は付けてないとのこと。

このような感じであらゆる外壁面にはさまざまな聖書のシーンが再現されています。建物をつかった聖書劇場ですね。

ガウディは彫刻家ではなかったので、人物のすべての人にそれぞれのモデルがいて、

石膏でモデルさんの型を取って作っていたそうです。

案外サグラダ・ファミリアのこれらのファザードを写真と意味の解説をしているWEBが無いようです。

誰かつくってそうなものですけどね。

 

 ↓ 完成予定の模型。模型は案外小さい。

 

↓ 建物内部。TVでみたのと同じような感じです。観光客だらけで正直ちょっと落ち着きません。

 ↓ 天井にある「穴」が音響によい効果をもたらしているそうです。

柱、棟さまざまなものに意味が込められています。ガイド無くしては理解出来ません。

 ↓建物内部の資料室。これもTVでみたなぁ実物です。

 ↓バスの中から無理やりバトリョ邸。街ナカでこんなのがあると衝撃です。

 

さてさて、感動の無添加住宅原点視察旅行の本編はこれにて終了です。

 

昔からあるものを使う。経年変化を味わう。経年美化を楽しむ。

ボンドを使わない。石油商品を使わない。

こうするとかっこいい。ああするといまいち。

これをしたい。あれもしたい。

いろいろと考える旅でした。第二回が開催されますよう皆様応援をよろしくお願いいたします。

 

また忘れた頃に建築関係とは関係無い『番外編』をアップしたいと思います。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です