「無添加住宅原点視察旅行」ルルド編

ルルドの街は日が暮れた夜に着き、朝早い出発だったので

 

明るい時のルルドの写真はありません。

 

キリスト教のカトリックの方には巡礼地として有名です。

 

8月15日のマリア様(キリストのお母さん)が天に行った日(死んだ日?)を盛大に祝う日(聖母の被昇天)があり、

 

その時には昼も夜もものすごい人だらけらしいです、ガイドさんの話によると。

 

ちょっとシーズンが外れるとこんなにも人がいないのか!とびっくりされていました。

 

夜や早朝であるいても、基本すれ違う人はほとんどいませんでした。

 

 

 

↓ ホテルとルルドの泉の間の街の建物。このあたりの建物だけが200年前くらいのものでした。

 

200年でも本当はすごいが、この旅では400年500年やわからないくらい古い建物との

 

出会いが多かったので印象が薄れてしまいます。

 

 

↓ 早朝Runningの際に撮影。

 

 

↓ 街の中心地からちょっと離れるとかなり新しい建物ばかり。

 

 

↓ お土産ものはどこもかしこもマリア様グッズオンリーです。

 

 

 

 

↑ なんと現在のルルドの泉のこの場所がネットで中継されています。これが事前にわかっていたら、

 

家族にいまから映るでとか伝えていたのに、、

https://www.lourdes-france.org/tv-lourdes

 

 

ルルドはこれだけにします。

 

 

 

次回カルカッソンヌの街、城塞都市の魅力をお伝えしたいと思います To be continued

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です