御施主様のお子さま達も見学会で応援してもらいました。

岡山の見学会にて。

↑ ロフトからトップライトの開閉の説明をしてもらいました。気をつけてねー

 

↑ 次男くんも忙し忙し

 

↑ クリスマス前でしたので、ツリー。

↑ 漆喰壁に陰影をあえて強調する照明器具。好評でした。御施主様、コーディネーターのセンスが光ます。

 

 

 

 

 

Please follow and like us:

無添加住宅のなかから無添加住宅を眺める in神戸

『無添加住宅のなかから無添加住宅を眺める』シリーズにしてみました。

無添加住宅の建築条件を付けた分譲地では、当然のことながら無添加住宅が立ち並び

無添加住宅タウンになります。

お住まいになられる方々は、「無添加住宅」の独特のポリシーに共感していただいた方ですので、

御施主様同士も仲良くなられるのは早いです。

出来れば、全国各地に無添加住宅タウンが出来たらいいのになぁ。

 

 

2Fの窓を開けると、お隣の無添加住宅のクールーフグレーが見えます。そして、もうちょっと左側をみると遠くに海も。

いい景色です。

 

↓ 朝の時間帯に撮影しました。東側の玄関ドアからニッチに光が当たるように設計されており、すばらしい。

明るい。

↓ まだ仕上げ前の様子です。ダイニング・リビングに対して角度をずらしたキッチン。是非ダイニングテーブルや

家具が入った様子をみたいですね。

Please follow and like us:

無添加住宅 のなかから無添加住宅を眺める in 福岡

 担当者が長年温めてきた イニシャルをモチーフにしたデザイン。

 ↓ ポストとシンクロしているのがミソ!

 

↓ 無添加住宅のみがフローリング材として扱う「シンゴン」を使ってのキッチンデザイン。シャープです。

↓ いい感じです。

 

さて、二階の窓から外を眺めると、、、無添加住宅が4棟見えます。写真には3棟ですが、収まり切りません!

↓ たまたま3連の窓がデザインされており、その各窓から各無添加住宅が見えます!すごい。

 

Please follow and like us:

やらせ無しの子どもの行動。感動。岡山での完成見学会にて

 

↓ お施主様がここの絵本棚の絵本を、この階段にちょこんと座って読んだらいいなーと思われて作られたそうです。

完成見学会の日、協力していただいたお施主様のお子さんは、何の説明も誰にもされずに、

この階段にちょこんと座って絵本を読み始めました。自然と、です。自然と。お施主様嬉しそうだったなー。

また、写真では伝わりませんが、この時の見学会は過去最大の来場数だったので、会場内はすごい人です。

がやがやしている中で、それでも絵本を読み進めるこの集中力はすごいと思いました。

↓季節感出てます。

↓ ハンモック!ブランコ! 1本ロープのブランコは漕ぎにくいので結構高度です。

↓ 有名な映画の表紙とかでこの椅子と同じ種類のものがあり、有名らしいです。

 

↓ グレーチング&強化ガラスを渡ってのトイレ。柔軟な発想ですね~

 

↓ トランスフォーマー! 突然ポツンとあるので、かなりインパクトありでした。

↓ ポインセチアでのお礼。季節感伝えまくりです。さすがコラボハウスの完成見学会。

Please follow and like us:

「無添加住宅原点視察旅行」バルセロナ編

無添加住宅原点視察旅行、最終地。

正直ここは無添加住宅の「視察」旅行の意味からするとオマケの場所。

バルセロナから国際線で帰るのが近いからというくらい。

 

 それでもさすが世界遺産。サグラダ・ファミリア圧巻です。圧巻という言葉がぴったり。

ほかにカサ・ミラ、バトリョ邸など徒歩圏にある。

 

サグラダ・ファミリア

サグラダ・ファミリア公式のきれいな写真

 ↓2026年に完成予定って間に合うのかな。建築技術が高まってどんどん早くなっているらしいです。

 ↓ ガイドさんの説明を聞いています。東のファザードを見てます。

ガイドさんがマイクにしゃべり、無線のイヤホンで皆に届く、便利なしくみです。

 ↓ このあたりの彫刻は、ガイドさんの解説がないとさっぱりわからないと思います。

敬虔なカトリックのガウディが作った渾身の作品です。

写真中央に見える赤ん坊がキリスト。キリストを囲むようにマリア様とお父さん。

さらにロバと牛。飼い葉桶にちゃんと入ってます。

写真右側に誕生を示唆した羊飼いたち。

写真左側に東方の賢者たち。上段の人たちは天使たち。ガウディの考えで羽は付けてないとのこと。

このような感じであらゆる外壁面にはさまざまな聖書のシーンが再現されています。建物をつかった聖書劇場ですね。

ガウディは彫刻家ではなかったので、人物のすべての人にそれぞれのモデルがいて、

石膏でモデルさんの型を取って作っていたそうです。

案外サグラダ・ファミリアのこれらのファザードを写真と意味の解説をしているWEBが無いようです。

誰かつくってそうなものですけどね。

 

 ↓ 完成予定の模型。模型は案外小さい。

 

↓ 建物内部。TVでみたのと同じような感じです。観光客だらけで正直ちょっと落ち着きません。

 ↓ 天井にある「穴」が音響によい効果をもたらしているそうです。

柱、棟さまざまなものに意味が込められています。ガイド無くしては理解出来ません。

 ↓建物内部の資料室。これもTVでみたなぁ実物です。

 ↓バスの中から無理やりバトリョ邸。街ナカでこんなのがあると衝撃です。

 

さてさて、感動の無添加住宅原点視察旅行の本編はこれにて終了です。

 

昔からあるものを使う。経年変化を味わう。経年美化を楽しむ。

ボンドを使わない。石油商品を使わない。

こうするとかっこいい。ああするといまいち。

これをしたい。あれもしたい。

いろいろと考える旅でした。第二回が開催されますよう皆様応援をよろしくお願いいたします。

 

また忘れた頃に建築関係とは関係無い『番外編』をアップしたいと思います。

Please follow and like us:

「無添加住宅原点視察旅行」アンドーラ編

「山にドライブに行きたい人、手をあげて」とバルセロナの安宿での提案。

かつて、無添加住宅開発者秋田社長がバルセロナの安宿に泊まっていた時のこと、

土日が現地のメーカーが安いですることがない。バックパッカーの人たちに

たずねると男の子と女の子がついてくることになりピレネーに向かったのでした。

そこで巡りあったのがアンドーラ。その日から何年も経って今の無添加住宅へ繋がっています。

 

↓ 山に囲まれているので陽が射さずちょっと暗め。

↓高いところから見下ろすすべてが石屋根。

↓ 後からわかったことですが、アンドラの議会庁舎でした。入ってもいいが、右側の岩の部分へは犬の散歩禁止のようです。

  違反切符みたいなものを目の前でお兄さんが切られてました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Andorralavella02.jpg

↓ ペンキはげはげ  ↑ウィキペディアに庁舎の写真があがってました。

↓ 庁舎から裏道をぶらり。玄関の上はこういったデザインを提案したい。 

あまりにも薄いので石を打ち付けているクギが裏から飛び出てます。

 

↓ 最初からなのか、途中のリフォームでそうしたのか、地面に地面付近の壁の厚さと上階の壁の厚さが変えてます。

ゆるやかに傾斜をかけて壁を仕上げてます。なにげにみたら気づきません。

↓ 出入り口の軒。薄くシャープに。

 

↓ バルコニーというよりフラワーボックスというかフラワースペース。基本、家とは別で作ってます。

 日本のように「FRPで防水して漏らさないようにする」 という考えより「濡らすもの、ほっときゃ乾く」という

 感じで捉えてるのでしょうか。

 

↓ どしっとしたデザインです。日本でもそのままで受けそう

 

↓ アンドラの首都からカニーリョという街へ移動。街歩き。でもあまり時間がない。半日はほしい。

秋田社長の後ろに皆、くっついていきます。

↓ 猛烈にガラスブロック。きれい。夜にみたい。

↓ ここでも!壁の日時計。絶対つくれるな。どこかで付けたい。

↓ お掃除中のシスターが中もみていいよ、という感じ招いて下さいました。教会の中も見学です。

ここは子ども用サンデースクールの場所だと思います。壁の下半分は『岩』です。岩と共に建っています。すごい。

↓ 教会の内部。こじんまりですが、歴史を感じます。

↓ 窓の下水切りが石です。横谷社長ご協力ありがとうございます。

何百年経っても窓からの水の浸入を防いでいるのでしょう。すごい。

↓ 教会横の山へ向かっていく道。時間があれば登ったのに、、、残念。きっとすばらしい景色。

↓ いい感じです。きれいな形の石でつくるものいいですが、こういったどの石もちょっと形が違うのも大変いい味です。

新しい感じではなく、年数の経った雰囲気。日本人的には「侘び寂び」として味わえると思うのですが、現地の人はどう思ってるんだろう。

 

↓もうどこを見てもクールーフの石屋根だらけなので、石屋根写真はこれくらいに。

↓ いろいろと考える一棟。

 

↓教会からもどる道中、ご近所のマダムが玄関へ招き入れてくれてこの写真をみせてくれました。

100年前だったか昔の目の前の道路から教会を見た写真です。石の道路じゃなくなってるけど雰囲気はそのまま。

街の皆さんがウェルカムなリアクションでとっても気持ちよくすごせました。ありがとうございます。

 

 

次回、最終地バルセロナ。例のあの世界遺産を見ます。 To be contiued

Please follow and like us:

「無添加住宅原点視察旅行」カルカッソンヌ編

城塞都市 カルカッソンヌ

現存するヨーロッパ最大のお城です。「カルカッソンヌを見ずして死ぬな」と言われるほどの観光名地

お城の中にレストランあり、お土産物屋さんあり、ホテルあり、学校あり、住居あり。いまでも1000人ほどはお城の中に住んでいる。

 

↓ 12世紀からお城の建築がはじまっており、さらに修復が幾重にもされているようなので、

  どこかどれくらい昔のものかはっきりわかりません。

  でも、古そうだなーと思える箇所が500年前とか600年前のものかと思うと大変おもしろいです。

 

↓ 城壁の外側。

↓ 城壁外側、石積みのアップ。この目地のセメントももしかすると600年前のものかも、、、

  原始的な材料が長い年月耐えている証拠ですね。

↓ なんか建物があったように思えますね。どんなふうだったのでしょう。

↓ 瓦の「メンド」の漆喰が完全にグレーになっています。ものすごくシンプルな瓦ですね。

 

↓ こちらは石屋根。垂木の構造美も感じます。

 

↓ ドア上の木部。

↓ 1F石積み構造+2F木組。かっこいいなー。大引に相当する木材が太い。

↓ カルカッソンヌ以外にもちょいちょいみかけた、「ドアの真ん中にドアノブ」デザイン優先となるとこうなるのかな?

 

↓ いまは使われていない井戸。覗きたくなります。

この井戸のまわりで中世の人は井戸端会議をしていたのでしょうか。

バーのお客さんが店前に椅子を出して、男性客の散髪をしていたりしてました。その様子はいつかまとめる番外編にて。

 

次回、無添加住宅のクールーフ(石屋根)の原点になった場所「アンドラ公国」です。To be continued…

 

 

Please follow and like us:

「無添加住宅原点視察旅行」ルルド編

ルルドの街は日が暮れた夜に着き、朝早い出発だったので

明るい時のルルドの写真はありません。

キリスト教のカトリックの方には巡礼地として有名です。

8月15日のマリア様(キリストのお母さん)が天に行った日(死んだ日?)を盛大に祝う日(聖母の被昇天)があり、

その時には昼も夜もものすごい人だらけらしいです、ガイドさんの話によると。

ちょっとシーズンが外れるとこんなにも人がいないのか!とびっくりされていました。

夜や早朝であるいても、基本すれ違う人はほとんどいませんでした。

 

↓ ホテルとルルドの泉の間の街の建物。このあたりの建物だけが200年前くらいのものでした。

  200年でも本当はすごいが、この旅では400年500年やわからないくらい古い建物との

  出会いが多かったので印象が薄れてしまいます。

↓ 早朝Runningの際に撮影。

↓ 街の中心地からちょっと離れるとかなり新しい建物ばかり。

↓ お土産ものはどこもかしこもマリア様グッズオンリーです。

↓ 

↑ なんと現在のルルドの泉のこの場所がネットで中継されています。これが事前にわかっていたら、

家族にいまから映るでとか伝えていたのに、、

http://www.lourdes-radio.com/player_live/player_live_en/player-token_en.php

 

ルルドはこれだけにします。

 

次回カルカッソンヌの街、城塞都市の魅力をお伝えしたいと思います To be continued

Please follow and like us:

「無添加住宅原点視察旅行」カンパン編

 フランスのカンパンという街を知る人はほぼいない。

フランスにはいくらでも観光地があるので、一般の方への見所がないカンパンは

メジャーになることはないだろう。

でも、我々は行った。ガイドさん込みで44人で行きました。

二日間に分けて。現地を案内してくれる現地の方に案内してもらって。

最後は現地のメディアの方に取材というか写真撮影もされて。

こういった、本当に、人々が毎日の生活を送っている建物や街が

何百年も前に建ったであろう建物に住み、今も普通に生活している様子を、街をみた。

すごい。本当に古ーい建物が人がみな住んでいて現役で使われていて、かっこいい。

 

↓なんでこんなに雑草が生えてないんだろう。いい景色が広がりますが、写真には収まりきりません。

 街からちょっと離れた家。

 ↓クールーフをつかってポストのミニハウスが!何軒かみました。おそらくみなハンドメイド。

 

↓ これがすごい!

  現地に住んでいる方の解説がなかったら、絶対にわからないポイントです!

  100年ほど前の冷蔵庫です。冷蔵庫というより、冷蔵所。地下水が下を流れています。

 ↓ 経年変化の壁で、萌えーとなれるのは無添加住宅のスタッフだけです。

 

 ↓ ここにも苔むす石屋根。

 ↓ ここが何かわからんでしょうねー 共同洗濯場!日本にはない文化になるのかな。

 

↓ ここでゴシゴシしてたんでしょうか

 ↓ 小屋裏。野地板はもちろん合板ではありません。合板の野地板ではこんなに何百年ももちません。

 

↓ 今は使われていない共同市場

 ↓ 街のステージ?かなにか。水平などはもちろん維持出来てません。何年ものなのか

 

↓ 外の鎧戸を開けた状態にしておく金具。これが千差万別。家ごとに違う。

 

 

↓ 補修中の教会。

 

 

↓ 壁に絵を描いてある!窓の絵を!

 ↓ お昼ごはんを食べたレストラン&ホテル。入り口の表示はクールーフです。

↓ レストラン&ホテルの前の道。なんか絵になるな

↓ 茅葺きの家を視察させてもらった際の様子。

↓ 茅葺きの家に住む子どもたち。かわいい

↓ 漆喰の壁がこうなった。何年かかったんだろう。

 

↓ 窓にシャッターつけるのもいいけど、こういう鎧戸もかっこいい。

 

↓ 元々、藁を格納していた小屋裏の場所だったらしい。

 この場所が寝室部分にチェンジ。

 

 

↓ カンパンの街のからしばらく走ったところのパーキング。

 オレンジの生搾りの自動販売機。買う人によって量が違うのが面白い。

 

次回ルルドの街 イエス・キリストの母親マリア様が一人の少女にだけ現れたという奇跡の場所 To be continued 

Please follow and like us:

「無添加住宅原点視察旅行」コンク編

コンク(キリスト教(カトリック)巡礼路の道が世界遺産でその道中の街の一つ) の写真です。

古い街。古い建物。

『 石油 』が、『 石油製品 』、が世の中を便利にする前の建物であり、街です。

でも、

味わい深く、現存しています。

朽ち果てていません。

現在、一般的に普及している合板、サイディング、ペンキ、樹脂、プラスチックを

使った建物ではこれにはなりません。ボロボロになり形が維持出来ないのです。

 

劣化しない材料を使う。

朽ち果てないものを使えば、少々汚れたって、なにしたって維持出来ます。

ちょっとの値段の差なら長持ちするものを使ってほしいと願います。

30年、50年と長い目でみるとその数百万は、メンテナンス費用で取り返せるはずです→詳しくは代理店で聞いてね

 

さて写真に移ります↓

↓ バスでまず街に入るまえにこの絶景ポイントで降ろしてもらい撮影。みんなから歓声があがります。

 

 

↓ ぼーとしたくなります。

↓ 中心にある教会。歴史もあり、聖骨を盗んできて(!)祀っているという変わった教会。

↓ 手すりの固定の仕方がすごい。これまで見たことがないです。

 どこの代理店が最初に施工事例を作るのか?

 

 

 

↓ 味がある手すり。うーんまっすぐで手すりになりそうな木を山に行って探さねばなりません。

 

↓ 表面剥離してるのに味があるなぁ

 

↓ 苔むす石屋根。

 

↓ やっぱり樋はプラスチック製のものは避けたいなー。予算が許されるのであればブリキか銅製にしたい。

 

↓ いったいこの柱の木は何年前のものでしょう。300年?400年?検討も付きません。メンテナンスの経緯もわかります

↓ 外部の壁の様子。梁か何か木材が外側に見えてます。

  よーく見てもらえると「芯」の部分は虫食いがありませんが、「辺、木の外側」の部分はキクイムシのように

  虫食いの後が見えます。土台や柱は「芯材」を使いたい。集成した土台・柱ではこうはいかんのです。

↓ ヨーロッパの街って感じがすごくします。こういう雰囲気の街の分譲ってどこかしないのかな

 

↓ いわゆるグレーチングに相当する石の溝。どこかで出来たらおもろいのになぁ

 

↓ コンクの教会の取手。何年前のものでしょうか、ちゃんと機能してます。

 

↓ 懺悔室。これも教会が出来た時からあるのかな?途中でいろいろ手が入ってるようなのではっきりわかりません。

↓ 親切で中を見せてもらったおうち。職業は絵かきさんのようです。

↓ なに気に炭化コルクの外張り断熱をしています!

 

↓ フワラーボックスが絵になる。

 

↓ 左側の建物が教会。この教会の窓に注目。ステンドグラスなのですが、デザインが完全に直線のみ。独特です。

 

次回、本当にただの田舎街カンパン、観光地化されていないリアル田舎の様子 → to be continued

Please follow and like us: