リフォームローンの充実の流れ

フラット35のローンでもリフォームの金額が長い期間借りられるようにスタートしました。

http://www.flat35.com/loan/reform.html

 

一般的に、新築住宅や中古住宅の契約金額に対してのみ、35年と長期の住宅ローンが組めて

入居前のリフォーム分でも、リフォームローンという別枠で取り扱われているのです。

住宅ローンに比べ、金利が高い(5%前後)期間が短い借りれる金額が少ない

といいところ無しなのがリフォームローンです。

 

ようやく流れが変わってきて、リフォームローンも住宅ローンと

同じ扱いにする銀行が出てきました。

みずほ銀行http://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/chuko_reform/index.html

関西アーバン銀行http://www.kansaiurban.co.jp/shohin/loan/house/pe_6_15.php です。

 

古い中古住宅を買って、大掛かりなリノベーションを行うとすると1000万円を超えるリフォームもありえます。

都市部であれば土地+古家で1000万円は超えるでしょうから問題ないかもしれません。

 リフォーム一括ローンは、リフォームローン分が住宅の購入額を超えては貸せないので、

地方にあるような 中古住宅600万円の土地+古家を大型リフォームしようとすると、

600万円分のリフォームローンしかでないので大規模なリフォームはアウトです。 ローンの仕組みとしてもう一押ししてほしいところ。

 

フラット35のリフォームパックは、住宅がフラット35に対応している必要があるので、

本当に大掛かりなリフォームが必要な古ーい中古には使えないケースがほとんどでしょう。

そういった点では、全国に支店のあるみずほ銀行さんのリフォームパックローンが

いまのところ現実的なところでしょうか?

 

いままで、特に都市部で、中古からリフォームして無添加住宅に住みたいなぁと思っていたけど、

あきらめていた人にチャンスがまわってきたと思います。

人気のエリアなどは新しい宅地が出ることが少ないですが、中古物件はありますよね。

 

お近くの代理店へお問い合わせ下さい

↓ 代理店一覧です ↓

http://www.mutenkahouse.jp/agency/agencylist/

 

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です