漆喰塗り+メルクシパイン床のワンルーム。募集中です。

ワンルームの賃貸物件に、無添加住宅の漆喰と、メルクシパインのフローリングを施工した物件の施工例です。

値段の安いシンゴンでなかったのは、ワンルーム一部屋相当分だけ余ってものがあったようですので、

あえてのちょっと高いものです。うーん、賃貸だけどリッチだなぁ。

普通賃貸物件は初期投資分を抑えたいために、安ーいビニールクロスやクッションフロアを施工するのが一般的です。

しかし、ワンルームのような入れ替わりの頻度が高いときは、3回目の退去リフォームの以降は漆喰壁のほうが安くなるのはず。

投資サイクルを3~5年でとらえるのではなく、10~年サイクルでみると、自然素材リフォームのほうが

賃貸物件でもプラスになる計算になると思います。

↓ キッチンの収納トビラも米のり集成材。

↓ しゃがんだアングル

↓ 立った目線。

↓ 玄関ドア開けたら、こういう雰囲気。

↓ 既存の収納に上から米のり集成材を貼ると見た目はよくなります。

↓ トイレはお風呂と三点ユニット。その分、部屋が広く使える。

 ↓ バルコニーの真正面は建物だが窓は無いのでまだいいほうかな、

   阪神御影駅徒歩2分であればある程度はしょうがないかも。

 


↓物件の募集サイト

http://asp.athome.jp/dtl/ER_ID/006000/item/kr/art/01/down/2/bukken/6941836901/BKLISTID/002LPC/

↓リフォームした担当者ブログ

http://ameblo.jp/tomoyuki1726/entry-11349992788.html

 

↑ ↓ リフォーム前 タバコのヤニの跡がすごい!

Please follow and like us:

リフォームローンの充実の流れ

フラット35のローンでもリフォームの金額が長い期間借りられるようにスタートしました。

http://www.flat35.com/loan/reform.html

 

一般的に、新築住宅や中古住宅の契約金額に対してのみ、35年と長期の住宅ローンが組めて

入居前のリフォーム分でも、リフォームローンという別枠で取り扱われているのです。

住宅ローンに比べ、金利が高い(5%前後)期間が短い借りれる金額が少ない

といいところ無しなのがリフォームローンです。

 

ようやく流れが変わってきて、リフォームローンも住宅ローンと

同じ扱いにする銀行が出てきました。

みずほ銀行http://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/chuko_reform/index.html

関西アーバン銀行http://www.kansaiurban.co.jp/shohin/loan/house/pe_6_15.php です。

 

古い中古住宅を買って、大掛かりなリノベーションを行うとすると1000万円を超えるリフォームもありえます。

都市部であれば土地+古家で1000万円は超えるでしょうから問題ないかもしれません。

 リフォーム一括ローンは、リフォームローン分が住宅の購入額を超えては貸せないので、

地方にあるような 中古住宅600万円の土地+古家を大型リフォームしようとすると、

600万円分のリフォームローンしかでないので大規模なリフォームはアウトです。 ローンの仕組みとしてもう一押ししてほしいところ。

 

フラット35のリフォームパックは、住宅がフラット35に対応している必要があるので、

本当に大掛かりなリフォームが必要な古ーい中古には使えないケースがほとんどでしょう。

そういった点では、全国に支店のあるみずほ銀行さんのリフォームパックローンが

いまのところ現実的なところでしょうか?

 

いままで、特に都市部で、中古からリフォームして無添加住宅に住みたいなぁと思っていたけど、

あきらめていた人にチャンスがまわってきたと思います。

人気のエリアなどは新しい宅地が出ることが少ないですが、中古物件はありますよね。

 

お近くの代理店へお問い合わせ下さい

↓ 代理店一覧です ↓

http://www.mutenkahouse.jp/agency/agencylist/

 

 

 

Please follow and like us:

エアコンのいらない家

 

アトリエヨシダさんのブログに影響され「エアコンのいらない家」を読みました。

夏の暑さ対策的なところは、我が家でも結構出来てるなー

吹き抜けはないけど、東西の風の流れが1F、2Fともに結構あるので熱がこもることはないし。

よしずはないけど、ゴーヤはあるし。

でも、冬の太陽の熱の利用は、あまり意図してなかった。

 

 

エアコンのいらない家

山田浩幸
エクスナレッジ
Please follow and like us:

120年前に建てられた家の梁でつくった椅子 と 完成見学会

↑ 材料は、建替え前の家の「梁」と言われる構造材をつかって、この腰掛を作ってもらったようです。

  120年前に建てられたおうちだったそうです。

  岡山県の倉敷市は、大地震も過去になく、戦火もなく、古い家がまだまだ残っているらしいです。

  かつて天領だったということもいいおうちが経っていたことに影響あるのかな?

↑ 大工さんはかなり気合を入れてつくったような感じがします、家具職人さんがつくったような出来栄えです。

 

↑ 家の前に植わっている松。この松も100年は経っているそうです。

↓ 最初は外構工事時の際に撤去の予定だったということですが、さすがに100年の松となるともったいない。

  残すようになったとのこと。

 

↑「ステンレス製鏡付収納 開きタイプ」が正面に入った施工例ですね。

  鏡のところが扉になっているので開きます。あけてみせると皆さん「おおー」とリアクションが同じになります。

↑ 31mmの赤松の廊下の右側の「幅木」はなんとコーラルストーン。石です。石を幅木につかっています。贅沢!

 

 

↓ ミニキッチンも、ユニットよりどうせなら特注でつくってしまいたいですよね。

 

 

Please follow and like us:

熊本の社員食堂に秋田社長、初参加。

献立がこんなふうに告知している! 前はなかったのにちょっと進化してる!

↓ 九州以外の方には見慣れないメニューではないでしょうか?

 一番上は「けいはん」と読みます。鹿児島の郷土料理だったと思います。

 さらに、下から二番目の「さくら納豆」はわからないハズ。答えは一番下の写真です。

 

↓この日は限界席数まで社員さんも参加。一番左に座っているのが秋田社長です。

↓食べながらいろんなお話です。

 

↓ これが「さくら納豆」 馬肉を混ぜた納豆 です。贅沢!

Please follow and like us:

この夏の思い出のまとめ 

 

2月末に、無添加住宅(フルリノベーション中古住宅)に引越してますが、

なんとか、2012年の夏までは、エアコン未設置でしのぎきりました。

↓以前の記事

 無添加住宅(リノベマンション)から無添加住宅(リノベ戸建て)へ引っ越しました。

1Fは30mm炭化コルク外張り+充填(壁の中に入れること)炭化コルク切れ端詰め込み、部分的に二重断熱状態。

2Fは炭化コルク30mmを充填(壁の中に入れること)のみ。

 

建物の立地が崖の上にあり、北側を除く三方に開け、通風に恵まれた場所であるので

エアコン未設置が可能だったと思います。ちなみに崖下には小川が流れてます。

西側の窓のところにはゴーヤのグリーンカーテンはしていますが、窓の幅分を完全にカバーしたものではありません。

 

自宅は兵庫県南部の気候です。室内の温度計も30度を超えることはありますが、

風が流れる限りはしのげます。ごくまれに日中ビタッと風が止む時があったときは扇風機を横に置くしかありません。

子どもの友達が4人5人+親が来たりすると扇風機2台ではさすがに足りません。

その夜はエアコンを入れようと妻にもせがまれました。(年に数回しか使わないかもしれないために20万とかはどうよと切り返しスルーしました)

来客人数が多いのであれば、扇風機だけではちょっときついかもしれません。

 

 

夏の間に、、、

○クワガタ オス 二匹を庭で発見。メスの場合はスルーしていたので6匹ほどは見かけましたが捕まえもしません。

○バーベキュー 5回 家庭菜園でつくった万願寺とうがらしを食べるためにしてたようなものです。

○家プール 数回、市民プール1回、海1回、川2回

○ブヨに噛まれた 4回 4回目は発見が早かったのでポイズンリムーバーで対処し、熱湯処理したのでほぼノーダメージでクリアでした。

○芸能人発見 一人 重盛さと美さん ハイタッチしてもらいました。

 

 

 ↑ パチンコ屋さんのイメージキャラクターをしているので、パチンコ屋さんの前で

   撮影してところに出くわしました。野次馬に混じって私も撮影、そして帰り際にみなにハイタッチをしていたので、

   ついでも私も手を出しハイタッチ。

 

 

 

 

 ↓ 近くの川では連日多くのちびっ子が来てました。ちょっと遅くにくるとめずらしく人が少ない。

   徒歩圏でこれるのがラッキーです。

 

 ↓ 庭で捕まえたクワガタ。

  1匹目は子どもの友達にあげました。わが子はあまり昆虫には萌えーとこないようです、まぁ女の子ですし。

  二匹目は夏休みで子どもの友達に会う予定もなかったため、普通にリリース。また会う日まで。

  もったいなかったかな?

 

↓ 家庭菜園でつくった万願寺とうがらしはなぜか妻があまり料理に使ってくれないので、これを食べるために

  庭でバーベキューを開催。とうがらしも間引きをしないようになると小さいものしか出来なくなってしまいました、しかも

  たくさんできるので食べ切れなくなり、どんどん赤くなります。赤くなっても食べるのは関係ないので食べます。

  食感がちょっと変わります。

 

↓ 小さいけど、庭から神戸の花火も見えました。

 

↓ 今年は思ったほどしなかった家プール。水の入れたては、冷たいから前日から入れて置きたい。

  

 

↓ 左足のくるぶしあたりをブヨに噛まれて腫れている様子。この時は今年三回目。

  二回目はスネのあたりだったので、腫れてもたいして不便なかったけど、くるぶしの様な関節部位は

  動かしにくくなるので非常にやっかい。幸いヨメ、子どもは噛まれてないのが幸いです。

  たいだい油断して半ズボンで朝から家庭菜園でいろいろイジッている時にやられます。

  長靴、長ズボン、薄荷油のスプレーの三点セットをしたほうがいいのはわかっているが面倒なんですよね。

  ブヨの天敵を飼いたい。

 

 

秋、冬の野菜の仕込みをちょっとづつしたいところ。まだまだ家庭菜園については新米なので勉強が続きます。

 

Please follow and like us: