冷暖房の電力を16%削減!出来た無添加住宅オリジナル漆喰の実力

省エネ、電気の使用量を減らせという電力会社。

 

大飯原発3号機も7月9日の今日にはフル稼働らしいですね。

 

どうもそうすると8機もある火力発電は、発電しなくてよくなるとかいう

変てこりんな状況にまた世論がみだれるのか

 

 

 

2年前のデータにはなりますが、こんなデータがあります。

 

 

 

「室内に漆喰を塗るとビニールクロスの部屋と

 

比較して16%エアコンの電力使用量が減る」

 

 

 

また、これと別に外部に漆喰を塗ったケースと、そのほかの素材との

 

温度差もかなり出ることがわかってきました。

 

 

 

7月8日の15時の大阪にて外部の

 

金属サイディングの表面温度 40.4℃

 

レンガタイル  の表面温度 30.1℃

 

白いサイディングの表面温度 28.7℃

 

樹脂系塗料の表面温度    25.7℃

 

漆喰の表面度          19.2℃

 

 

 

室内への漆喰塗りが16%ダウン(エアコンのみ)ですが、外壁面も併用すると

 

かなりの電力消費が出来るのではないでしょうか?

 

 

 

夏の暑い時期にこそ、無添加住宅が喜ばれるのはちゃんと意味があります。

 

まだ、室内に入ったことがない人は、ぜひ一度お近くの代理店まで

 

お問い合わせ下さい。施工事例を見せてもらって下さい。

 

 

 

 

 

室内漆喰すると16%省エネになるというデータ

 

↓ 上場会社であり、無添加住宅の代理店の飛島建設さんのホームページで

 

エムプラス漆喰という表記になっていますが、これは無添加住宅オリジナル漆喰のことです。

 

http://www.tobishima.co.jp/replan/mplus06.html

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です