久しぶりにトリビア 米のり集成材

「無添加住宅」のドアや棚板、キャビネットなどは

一般的な木工用ボンドなどは使わず

「米のり」

を使ったものを使います。

ショールームやモデルハウスに入った際に見える
木と木をくっつけた板が「集成材」と言われるものです。
その木と木をくっつけるものにボンドでは無く

米のり。

ホームページでの簡単な説明↓
http://www.mutenkahouse.jp/idea/02.html

よく聞かれる質問で
「はがれませんか?」


初期の頃は、失敗してコンテナで買った商品を
丸々ゴミにしたこともあります。

設置後、バラバラになったこともあります。

今はそのような問題も乗り越えて作られているので、
安心してもらってもいいと思います。

その工夫は、一般的な作り方と違った「ノウハウ」になりました。

その「秘密」のうちのひとつに

「木と木のくっつけ方」があります。

そして、それは「米のり集成材」の証

ホームセンターのボンドを使った集成材とは違う
「木と木のくっつけ方」をしているんです。

さらに詳しくは

インドネシア松の集成材と
シンゴンの集成材    では「木と木のくっつけ方」が違うのです。

これは「木」の樹種の違い、性能によるものなんです。

↓写真はイン松の「木と木のくっつけ方」のオリジナリティーがわかる部分に
モザイク(笑)かけてみました。
いったいどんな風にくっついているかは、
お近くの代理店さんのモデルハウスやショールームにて
実際にご確認下さいね。

↓ これは左から
イン松の30mmの厚さ、シンゴンの30mmの厚さ、シンゴン16mmの厚さの
の小口(こぐち、断面)です。

実はシンゴンという材料では一般的な接着方法をしています。
イン松だけが特殊なんです。
ホームセンターではシンゴンの集成材なんてものは売っていないので
見比べることもないでしょう。

↑座面をシンゴン材にしたイスの小口。
イン松のように特殊な形状はしていない。
座面以外の下の部位はイン松で作られているというもの。
余り材でつくったこのイスが座り心地がよいと結構、好評なんです。

↓これはパイン材の一般的なボンドを使った集成材の小口(断面)
シンゴン材と小口が同じです。
ホームセンターで並んでいるパイン(松)の集成材と同じです。

米のりが使われているかどうか?のチェックは小学校で習います。

じゃがいもにデンプンが含まれているかどうかを
ヨウドチンキをかけて調べませんでした?
あれと同じ方法で、接着面に塗ってみるとあら不思議が起こるわけです。

教室の後ろにジャガイモを水耕栽培して、しばらくしてほったらかしになり
水が腐り、とんでもない悪臭がしていたことを思い出します。

ヨウ素デンプン反応による実験アラカルト

ヨウ素でデンプン反応

らくらく化学実験 ヨウ素デンプン反応

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です