無添加住宅トリビア クールーフ(石の屋根)1

今回は無添加住宅の五大オリジナル工法のうちのひとつでもある

 

クールーフ(石の屋根)についてご紹介していきたいと思います。

 

実は特許もとっているんですよ。

 

 

 

 

まず、

 

クールーフの魅力 その1.

 

     屋根裏部屋・空間が暑くなりにくい。

 

     石の屋根が、日傘のような効果をもたらします。

 

当然、石自体は非常に暑くなりますが、フックのおかげで

 

その熱がその下の面にまで伝わらないのです。

 

ロフトや勾配天井をされる時は、クールーフは必須でしょう。

 

元々は、ヨーロッパの石の屋根の見た目のかっこよさを

 

追求するために研究していたこの屋根の工法ですが、

 

いざ、現場では夏場でも屋根裏部屋での作業が出来るという話が

 

できてきました。通常は夏場では暑くて、作業出来ないところです。

 

その時は、原理がよくわかならなかったものの、

 

大阪の日本建築総合試験場での試験でメカニズムが

 

明らかになったのです。夏の晴れた日は必ず風速2~3mの風が吹い

 

ているという事実もここで教えてもらったのでした。

 

より詳しくは書籍等をご覧下さい。

 

 

 

 

 

クールーフの魅力 その2.

 

     石は再利用できるので環境・エコにもいい

 

     単なる石ですので、もし解体したりすることになっても石は石ですので

 

     とりはずし外構や別の場所に使うことや再度

 

     屋根に利用することが可能です。ちなみにアンドラ公国というところでは

 

400年も500年経っても現存しているようです。

 

 

 

 

 

 

クールーフの魅力 その3.

 

     外観が圧倒的にかっこよくなる!

 

     普段石の屋根の家などは皆さん見られないので、

 

結構印象強く記憶に残られます。

 

家への帰り路から自宅の石屋根が見えると

 

きっと「いい!」誇りに思うことでしょう。

 

      

 

 

 

 

クーフールの魅力 その4.

 

     単なる石なので、カラーベストのようなメンテは不要

 

     カラーベストのような屋根って10年に一度は塗装をやり直す必要が

 

あったりします。

 

クールーフは単なる石ですので、何も塗りません。

 

ヨーロッパの家の屋根がそうしているようにです。

 

意外にも旧北海道庁や東京駅でも同じ石が使われています。

 

もちろん、クールーフとは違った施工方法ですが、

 

使っている石種は同じなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記のうんちくをもっと面白おかしく、書いてあるのは下記の書籍です。

 

↓↓↓

未来の家作りは、江戸時代に学ぶ。 「無添加住宅」の科学

資料請求はお気軽にこちらからどうぞ→https://www.mutenkahouse.jp/request/

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です