「化学物質過敏症」という症状に健康保険の適用が10月1日から開始の予定

 


「化学物質過敏症」という症状に健康保険の適用が10月1日から開始の予定

 

これだけTVで特集されたり、患者数が多いのに、実はこれまで、病気として認められていなかったので、健康保険を使おうとするなら、類似の症状をあてはめて保険を適用していたりしたのです。

 

対策としては、少しづつ前進していっているように思います。

 



毎日JP

http://mainichi.jp/select/science/news/20090612ddm001040003000c.html






千葉大学 シックハウスの敏感度をネットで簡易自己テスト


http://check.chemiless.org/jp/ ← テストのページ

実際のテストは、どちらかというとシックハウスの方 向けの質問内容かなと思います。

一般の人には、「無い」「無い」というような回答が連発する可能性もあり、

一般の方へはこういったことで症状が出る人がいるんだよ という啓蒙的な意味合いのみが残るだけかもしれません。

 

そして、テスト結果が「ケミレス必要度」という独自の基準が

「高い」か「低い」かの二パターンのみの結果です。

化学物質が少ない生活の必要性が高いのか、低いのかということのようです。

 

一般的な方は大抵の方は「低い」になるでしょう

このテストで「高い」が出たら結構すでにやばいのではないでしょうか?

 

↓クリックをお願いいたします。



 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です