つみきの家

つみきのいえ

81回アカデミー賞の短編アニメ映画賞にノミネートされていた日本のアニメ映画「つみきのいえ」(加藤久仁生監督)が受賞しました。

細かいストーリーは読んでのお楽しみに。

 

「家」に対しての 思い出 ・ 思い入れ に

 

とっても心あたたまるお話でした。

 

また、環境問題にもあてこすりをする。

 

「今」の時代の絵本って感じでしょうか。

 

もしかしたら、30年後とかにこの絵本みて、

 

先見性あるなーと関心してしまう時代がきてしまうのでしょうか

 

そうなればおそろしいことです。

 

「ちいさいおうち」の先見性と同じだった怖いですね。

 

鹿児島のショールームには、アカデミー賞の発表後間もない頃から、早速に

 

この絵本がならんでおり、アンテナの感度・感性のするどさに関心いたします。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です