住宅汚染!という本

なんと熊本の代理店さんの社長が本を出版し、かつ好評です。

実体験にもとづくフィクションになっていますが、「化学物質過敏症」であるとことがわかるまで、いったいになにが原因なのかわからないストレス。
紆余曲折があってようやくもしかして「化学物質過敏症」とわかり安堵する。

本当はここからが大変なんですが、それすらわからない状況の心労はつらいものだと思います。

本の前半は、社長がなぜ「子育て世代」に向けての住宅をつくる会社になったのか?が熱く語られています。
正直ちょっと目頭が熱くなります。

オススメの本です。

住宅汚染―ある家族の苦悩から見えたものは…。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です