お茶の木


人工的に管理されたお茶の木は、皆さんが一般的に連想する
お茶畑のような段々畑で、お茶の木がきれいにカットされて丸っくなっているものだと思います。

しかし、弊社社長の新居の庭(山?)には、かなりたくさんのお茶の木が「自生」しています。

これがお茶の木だ といわれて、はじめて「そうなんやー」と実感できました。

一般的に連想されるものとは、まったく違った形であるので、イメージができませんでした。

まさに、無農薬であり、野草です。

私は、中国の高級茶葉と称されるものを、出張時に買って時おり、友人たちと中国式の茶器を用いて中国茶を楽しんだりしておりました。

どんかんな私の感覚では、なんら感じない中国茶であるのですが、
びんかんな弊社社長は、いつも中国茶を飲んだあと「ムァー」と嫌な感じがしていたようです。

これらはズバリ農薬のせいでしょう。

きついことを言わせていただくならば、
化学物質過敏症の方が、お茶を飲んで、いやな感じになる茶葉は、
なんからの形で農薬かそれに類するものの影響をうけているはずです。

無農薬のお茶、というのがどこまで対応しているお話であるかは、
実際に畑や工場を見学していかないと判明しないことであるとは思いますが。

お茶って昔は「お薬」であり「高級品」であったはずなのですが、
生産性を追い求めるあまり、どこかで軸がくるってしまったのでしょうか・・・

安全なお茶は思い切って自分でつくってみたいものです。

Please follow and like us:

“お茶の木” への3件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、みかんとりんごです。

    トラックバック、ありがとうございました。

    トラックバックしていただいた時にすぐに見に来てうれしいねって喜んでいたのですが

    なかなかコメントが入れられなくてごめんなさい。

    貴重な野生のお茶の姿も見ることができてうれしいです。

    私達も自分でお茶を作りたいです(^^♪

    一番は庭に自生してくれていたらうれしいのに。

    でも庭に出ることが出来なくて・・・。

    同じ農薬でも、今はゴルフ場で散布される農薬に

    体が反応してしまって、とても辛い状態です。

    化学物質過敏症にとっては国の基準内と言われている量の農薬でも辛くて・・・。

    自然とともに生活できるといいのになあ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    お返事遅くなり申し訳ありません。

    本業のほうがかなりたて込んでまして…

    これからできるだけアップしていこうと思います!

    自宅のお庭に出れないのはつらいですね。

    もう11月になってしまったので、農薬など散布はなくなりましたでしょうか?

    これから寒くなりますが、CSの方は寒い時期のほうが体調よくなりやすいと聞きます、体調いかがでしょうか?

  3. SECRET: 0
    PASS:
    気温が下がった分、暑い時期に大発生していた化学物質、少しずつ落ち着いてきているみたいです!!

    農薬散布も虫さんや菌が少なくなってきたのでしょうか??

    少し回数が減ってきました。

    あとは微量な農薬まで感じてしまう私たちにはとっては大量な除草剤散布があるというので、

    なんだか気分がソワソワして落ち着きません。

    体調はご近所さんの新築工事が終わると、もう少し落ち着くかなと期待しているところです。

    これから寒くなると一番動きやすくなるので、嬉しい時期の到来です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です