炭化コルクの力

 

弊社では、断熱材に「炭化コルク」というものを使います。

 

普通の「コルクボード」などは正直、ボンドの塊のようなもので、

 

ぞっとします。

しかし、炭化コルクは、ボンドを使わず、ボードの形を形成できています。

 

なぜか?

 

高温でコルクを熱して炭化させる時、

 

コルク自体から樹脂が出てきてボンド替わりになり固まります。

 

ワインの栓などをつくったあとにでてくるコルクのゴミを

 

でかい箱に詰め込み高温で押し固めるだけ。

 

コルクはコルク樫の木を皮はいでつくられます。

 

木の皮は7年から9年で再生され、

 

木が生きている限り何度もとれます。まさにエコの素材。

 

かつ、炭化しているので、炭のように多孔質で、

 

空気の浄化作用も見込めます。

 

素材は発砲スチロールのように軽く、

 

カッターでスパスパ加工できます。

 

いいとこづくめなので、ち

 

ょっと難点も言っておきますと、さわると黒い粉がついたりします。

 

日本で普通に買うと高いです。

 

価格については弊社は炭化コルクのナンバーワン生産国の、

 

超メジャーな会社から直接大量に買いますので、

 

安く抑えられているので、お客様にもかなり良心的価格で提供できております。

 

確実な裏づけは取っていませんが、

 

「炭化コルク」だけの消費量はおそらく、日本で一番(確実)、

 

アジアで一番、アメリカではほとんど炭化コルクが売れていないようなので、

 

環太平洋で一番(?)…

 

ちょっと話がでかくなってきましたのでこの変で、、、、

Please follow and like us:

“炭化コルクの力” への1件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    柿渋にオリーブオイル。参考にさせてもらいます。

    さて、燻炭(クンタン)。

    一般には土壌改良のため畑に撒かれているようです。作り方は以外に簡単で、山にした籾殻の真ん中に、種火を置く。あとは待つだけ。量によって時間は変わるが、炭を通り越して灰になってしまわないよう気をつければ出来上がり。水をかけて完全に消火するか、散らばして消火するかは微妙な判断。詳しい作り方は農家の人に聞くといい。

    こうしてできたクンタン。私の場合、床だけでも量が少なかったので、大引きの上にラーチ合板を敷き、その上に根太を並べ、間に流し込みました。本当は10cmほどの厚みが欲しいところですが、3cm位にしかなりませんでした。

    粒状(粉状?)ではなく、コルクボードのように圧縮できれば、その後の工程も楽に進められたのですが・・・。

    笠間の大工さんも、壁や天井は苦労していたようです。

    私ができる話はこれくらい。さらに詳しくは笠間の中谷建設さんにきいてみるといいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です