身内の理解


先日、関東の方からお電話をいただきました。
化学物質過敏症の方からです。

去年の2月に放送のあったわが社のことをずっと気に留めておられて、
1年4ヶ月後の最近、かけてみてもらったとのことです。
その間、ずっと覚えていていただいてありがたいです。

お隣のおうちで撒き続けられた除草剤を契機に30年以上も、苦しんでおられた方です。
実際に、化学物質過敏症と判定されたのは3年前。その間、まわりの人々をはじめ、
家族の理解さえ十分に得られなかったと聞きました。

私自信が直接お話をしたことのある化学物質過敏症(CS)の方と同じ症状があり、
さぞこれまで大変であったことと思われます。

エリア、予算などがあるので、今後どうなるかはわかりませんが、展開をあれば全力で協力していきたいです。

****画像について*****
石で出来たガンダムは本文とは関係ありませんが、面白かったので載せました。
去年に中国に行ったときに見つけたものです。
表面に撥水加工して、ボンドで接着しまくりだったので、「
無添加住宅」的はありませんが(笑)よくこんなものをつくったなぁーと感心するばかりです。。
値段を聞いたらニヤリとされたので、ふっかけられそうだったので、
すぐにやっぱりいらないと断りました。
置くとこありませんしね。

Please follow and like us:

“身内の理解” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして!!

    先日、現地見学会の広告みました。

    前からいいなあと興味を持っていたのですが

    多発性化学物質過敏症のため

    なかなか動きが取れませんでした。

    家の近くでの見学会だったので

    ぜひ見に行きたいと思ったのですが

    今回は体調が悪くていけず、残念です。

    いつか見に行かせてください。

    トラックバックさせていただきました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    現在、「無添加住宅」の拡張中のため、我々のすべてのスタッフが化学物質過敏症の方への応対が万全にできるわけではありません。お電話等で一旦ご連絡いただいておかないと対応が出来ない可能性もありますのでご注意下さい。

    「無添加住宅」の建てるおうちが100%どれもこれも完全な「無添加住宅」ではありません、お施主様の要望に沿い、部分的に化学的な建材を使うことがあります。多発性の方となりますと、細心の注意を払って十分なヒアリングが必要だと思われます。

    体調がよくなられましたら、ぜひ体感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です